カジノには犬を連れて行けるか?

盲導犬であれば問題なく一緒に入場することができ、屋内にそばに置いておくことができます。実際、米国のほとんどの州では、身体に障害があり、盲導犬を同伴する必要のあるような飼い主を差別することが法律で禁じられています。ここでいう盲導犬とは、徹底した訓練を受け、様々な環境で人間と接した経験のある犬を指します。

一方で、ペット専用のエリアを設け、ペットを放置できるように工夫しているホテルやカジノや施設もどんどん増えています。多くの人たちが、外出先にペットを連れて行きたくても、ペットを置いておける場所がなくて困っているという事実を考えれば、この傾向は当然の動きとも言えます。とは言うものの、特定の体重を超えるような動物がカジノに入場するのを制限している州法もあります。 

ラスベガスのカジノでの犬に関する規定

ラスベガスにある大半のカジノでは、施設内の特定のエリア(主にカジノルーム)に犬を連れて入場することを許可しています。また、盲導犬であれば、施設内のほぼ全域に連れて行くことができますが、その場合は犬が盲導犬の認定を受けていることを確認できる証書の提示が必要となります。

ラスベガスのカジノでの盲導犬に関する規定

盲導犬に関しては、ペットに関するカジノのルール上で例外として扱われています。ホテルの中には、ペット同伴の宿泊を歓迎している場合もありますが、カジノエリアへの立ち入りを制限していることが多く、犬は所定のエリア内にしか入れなくなっています(ペット同伴を許可しているホテルには屋外にペットが用を足すための特定の場所が用意されています)。しかし盲導犬に関しては、飼い主を補佐するという目的で飼われており、法律でも認められているため、ホテルやカジノのほぼ全域に連れて行くことができます。

犬を同伴できるラスベガスのホテル

旅行に出かける前に、ホテルやカジノのウェブサイトでペット同伴を認めているかどうかを必ず確認してください。ラスベガスのホテルであれば、たいていの場合同伴可能ですが、ホテルでの犬の世話について若干の規定があります。ウェブサイト上に記載されている規定をしっかりと確認しておきましょう。小さな文字で記されていることも多いので、見逃さないように注意が必要です。以下は、ペットを同伴できる素晴らしいホテルの一例です。ぜひご参照ください。

  1. ハラーズ・ラスベガス・ホテル&カジノ– このホテルは価格が良心的な上にペットを同伴できる選択肢で、ペットと一緒に本格的なラスベガス体験をしたいという方には最適です。この素晴らしいホテルには、ペット用の料理を部屋から注文できる特別ルームサービスまで用意されています。
  2. シーザーズ・パレス– ここはペットの犬を同伴したいゲストが真っ先に選ぶ場所で、今回ご紹介するホテルの中でも特にペット・フレンドリーなホテルです。このホテルは、ラスベガスで最も名の通ったリゾートの一つでもあり、その豪華さや施設の素晴らしさとQUA Bath & Spaが特に有名です。滞在中は、犬用のルームサービスや散歩エリアで愛犬が喜ぶような体験を思う存分楽しませてあげることができます。
  3. ウェスティン・ラスベガス・ホテル&スパ – ウェスティン・ラスベガス・ホテルでは、全室ペット同伴可能となっているので、わざわざ特定の部屋を予約する必要はありません。今回ご紹介した他のホテルと比較すると価格も良心的でありながら、素晴らしい眺めが楽しめるロケーションに位置しています。ペット同伴のゲストへのケアが優れたホテルで、年中無休24時間中いつでもペットが空腹になった時にお腹に入れるものをオーダーすることができるのも魅力です!